心と身体をリラックスさせて温める             《アロマ・バスフィズ》手作りアロマ入浴剤

今年の冬もアロマ入浴剤を作りました060.gif
e0265260_0141799.jpg
少し多めに作って お世話になった方へのプレゼントにいかがですか?
幾度も作ってみた結果 いきついたのがこのレシピです

私はドライハーブも入れたくて
ハーブが浴槽に散らばらないように
バック方式で作ってラッピングしてみました!

・゜゜・*:.。..。☆.:*・・*:.。. .。.:☆*・゜゜・*・゜゜☆・*:.。..。.:*☆・'
《アロマ・バスフィズ》手作りアロマ入浴剤のレシピ
 ※約50gのバスフィズが5〜6個できるレシピです

 材料を混ぜて 丸めたり型に入れて固めるだけで 自宅で作れる発泡入浴剤
 湯船に入れると しゅわしゅわっと泡がでて
 アロマの香りがバスルーム全体に広がります


重曹とクエン酸の対比 / 重曹:クエン酸=2:1
重曹 140g
クエン酸 70g
コーンスターチ 20g
植物油 10ml
(植物油がない場合 霧吹きでお水を少量スプレーしてもOK!)
お好みの精油 30〜40滴
 ラベンダー精油 10滴
 ゼラニウム精油 10滴
 イランイラン精油 10滴
 パチュリ精油 3滴
 
《おすすめの精油》
 ラベンダー/ゼラニウム/ローズウッド/ローズマリー/カモミール/
 ユーカリ/ティートリー/フランキンセンス/イランイラン/
 パチュリ(少量をブレンドするといいですよ)

※お風呂で使用する精油は肌刺激の少ないものを選ぶことがポイントです
 お風呂では 芳香浴とともに 精油成分がお肌にダイレクトに触れるため
 柑橘系などの精油は芳香分子が小さいため 表皮を浸過する速度が早く
 ピリピリとした皮膚刺激を感じることがあります
 特に表皮のやわらかなお子様や 皮膚の弱い敏感肌の方には
 おすすめできません
 お肌にマイルドな精油をお使いください
 

 【ドライハーブを入れた入浴剤】
上記の材料にドライハーブを適量を加えます(ラベンダー/カモミールなど)
このまま固めてお風呂に入れると 浴槽内にハーブが浮かびます
後のお掃除のことを考えると ハーブが浮かない方がいいという方には
市販のお茶パックに入れて 食品保存用のクリップシーラーで熱接着しています
クリップシーラがなくても お茶パックの端をアイロンの熱で閉じるとパックできますよ
e0265260_0143734.jpg
幸せなバスタイムをお楽しみください!


・゜゜・*:.。..。☆.:*・・*:.。. .。.:☆*・゜゜・*・゜゜☆・*:.。..。.:*☆・
[PR]
by Neutral-Balance | 2012-12-20 00:28 | *アロマのおすすめレシピ
<< 2013年 愛を軸に♡夢と希... 副交感神経に働きかける リラッ... >>