心と体と 精神と魂                     ・・・全部合わせてひとつの自分

光と影の絶妙なバランス・・・
光も 影も わたしの中に存在するもの
e0265260_21182943.jpg

心身を統合することとは
心と 体と 精神(霊性)と魂が ひとつに繋がること・・・
ひとつに繋がっていると 自分を感じることができる
自分を感じることができたら 自分に忠実になれる
自分に忠実になれたら 結果の善し悪しはどうであれ「これでいいんだ」って
思えるし 自分に納得できる

心と体と精神と そして魂と 全部あわせてひとりの自分

心と体と精神と魂が 自分の真ん中でぴったりと一つに重なっている時は
自分が自分である感覚を ちゃんと感じて味わうことができる
だから「わたし大丈夫って」感じられて 安心できる ♪(^▽^)☆

でも 心や体が疲れたり 何かに捕われてしまったら
自分から心が遠のいて、ひとつになれないこともある
そんな時には 何だかイライラしたり 何だか足りない感じがしたり
葛藤や不安を自分の中に感じたりします

「なにかが違う!」って (> <) 自分に違和感を感じます
自分が自分でないような感じがします

それは、抑圧してきた心の声や 魂からのメッセージ・・・
「本当はどうしたいの?」と 「本来の自分」が心の扉をノックします
そんな時は ゆっくり自分に耳を傾けてみて・・・

自分の心なのに 考えても そう簡単に解らなかったり
自分自身にさえも 素直になれないこともあるんです
そんなふうに、心が離れてしまったときには
「あぁ、わたしは今ひとつになれていないのかなぁ・・・」って
気付いているだけでもいいと思う

ただそれに気付いていること・・・
それが、とても大切なことのような気がします
気付いているということは 自分のことを知っているということだから
それだけでも少し不安が減って ちょっぴり安心するんですよね
そんな自分に気付いてこそ また本来の自分を引き寄せることができる
離れたら その自分に気付いてあげて
そして 時間をかけて自分の中心を取り戻せばいい

そのために必要なものは その人によってさまざま
おいしい食事を食べること
脳とからだに不可欠な 栄養バランス
ゆったりとした休息
ほっ・・・と安らぐこと
ワクワク心ときめく 楽しいこと
自分に合ったお洋服を着て楽しむ
アロマの香りに癒される
ボーッとする
自分だけの大切な時間をあえてつくってみること・・・

そしてふっと訪れる「気付き」・・・
それはふとした瞬間 必要なタイミンングで訪れます(^o^)

誰かの一言だったり
ある本の 一行だったり
ある歌の 歌詞やメロディだったり
足元に咲く 野の花に目を向けたとき
萌え盛る 緑の山々
海 大地 空 果てしない宇宙・・・自然に身を委ねたとき

気付きとは 「あ、そうなんだぁ!」って思うこと
それは 素直な心の声
そんなに気に留めていなかったような ちょっとしたことが
自分にとっては大事なことだったんだなぁ とか
今まで当たり前だったことに なんで気付かなかったんだろう?とか
・・・そんな些細なことが 腑に落ちたとき
その気付きが 大きな変容に繋がります

何気ない生活の中で
ふとした瞬間に 心にフワッとわき起こって 感じることを大切にしたい
心地いいことも 心がツラくなることも 全部
それは 私たちの奥底にしまい込んでいる 潜在意識

楽しいことや ワクワクするようなことは 可能性に繋がるでしょう
過去生の記憶や トラウマ 甘く懐かしい記憶 からはルーツを探ったり
全然平気!って思っているはずのに、実は捕われていることだったり・・・
でも 捕われるということは その中に すぐに手放せない何かがあるから
手放せないことにも ちゃんとその理由がある
でも その中にある「本当に大切なこと」が何なのかがわかったら
もしかしたら 手放せるかもしれない

この気付きは全部 自分にとっての宝物
こぼさないで 受け止めたい それも全部自分だから・・・

「気付き」のあと 
それを前へ押し進める「勇気」を引き寄せられたなら
タイミングをみて「行動」できるかもしれない!
タイミングを読み取る感覚は まさに動物的直感!
心と体と精神と魂が ひとつであってこそ・・・
あとは・・・偉大な何かの守護や導き?・・・見えない力ですよね(^^)

「気付き」+「勇気」+「行動」= 結果はどうであれ 納得☆(^▽^)☆
.。.:*・゜゜。.:*・.。進化し続けよう.。..。.:*・.。. .。.:*・゜゜.

自分らしく この生を生きるために
心と体と精神と魂が ひとつであれますように・・・
[PR]
by Neutral-Balance | 2012-05-11 21:24 | *Neutral Balance
<< 金環日食 ビオラの笑顔 ψ(>▽&... >>